キャリアアップ 簿記

キャリアップに有利な簿記

キャリアップに有利@簿記

 

簿記は、生産・販売・現金の収支・代金の決済など、会計において欠かせない技術。
企業は簿記が作成した帳簿を見て、現状の把握や今後の方針決定などをします。

キャリアアップを目指すには、簿記2級以上の取得が勧められています。


●日商簿記3級

3級は簿記の基本で、個人商店レベルとなります。

借方・貸方・勘定科目というような会計用語を覚え、
伝票や帳簿の記入方法を学んでいきます。


基本的な流れにそって簿記の仕組みを勉強し、
決算書が作成できる能力の習得を目指します。

 

●日商簿記2級

簿記2級は就職の際に有利。
公認会計士や税理士などの上位専門職を目指す際の基本でもあり、
商業簿記と工業簿記を学ぶことになります。

 

商業簿記は、最も基本的な簿記です。
既に出来上がっている商品の仕入れ・販売を行う企業で必要になります。

 

工業簿記は、製品の製造活動に必要になります。
製品を作るための原材料の仕入れ・加工・製造・販売という、

変換過程の記録・決済・報告を行います。

 

●日商簿記1級

簿記資格の最高位が1級です。
学生は大学の推薦入学に有利となり、税理士試験の受験資格でもあります。

 

商業簿記・工業簿記に会計学と原価計算がプラスされ、
会計全般を学ぶことになります。

 

また、新しい会計制度(連結会計やキャッシュ・フロー会計など)や
意思決定も加わり、全てにおいて高い理解力が求められます。


簿記試験の受験料は、
1級7,500円、2級4,500円、3級2,500円となっています。

 

※2011年11月現在

 

◎人気サイト◎

お尻脱毛ステップワゴンスパーダフィットシャトル

 

賢く資格を取得しよう

 

就職や転職を有利にするため、独立開業を目指す、
サイドビジネスにチャレンジしたい、好きなことをもっと深く知りたいなどなど…。


資格取得への思いは人それぞれですが、
どうせなら効率的に目的を果たせるものを選びたいところです。

 

就職に活かすなら、言うまでもありませんが、
仕事内容に合った分野の資格を選ぶことが大切。
たとえ直接的な関係性はなくても、
複数の資格を持っていることはアピール材料の一つになります。

 

ただ、資格を取るにはお金や時間、そして試験勉強には労力も必要。
費やすものがあることを考えると、
無駄にならない資格を目指すことをオススメしたいです。

 

転職する場合は、今の会社に資格取得を援助する制度がないか確かめてみてください。
もし費用などの補助を受けられるなら、退職前に資格を取得しておきましょう。
仕事をしながらの試験勉強は大変かもしれませんが、
費用面での負担を軽くすることができます。

 

独立・開業ができる資格は、難関試験が多数。
それを突破するには、強い意志が必要です。

自分ひとりの力だけで勉強に励むより、
既にその分野の職に就いている人に相談できると心強いですね。

 

副業を始めるために資格を取得する場合は、
本業とは完全な別物として考える方がいいと思います。
たとえ副業だとしても、仕事であることには変わりありません。
片方に力を入れすぎて、片方に手が回らなくなる…
なんて事態にならないようにご注意を。

 

特に仕事とは関係なく、実力を試したり趣味を広げたりするために、
資格の取得を目指すこともあると思います。
その場合も対策はしっかりとり、万全な状態で試験に挑みましょう。



コンテンツ一覧