ポジティブ・アクション

ポジティブ・アクション

ポジティブ・アクションについて

 

日本の法律では労働者を募集・採用するときに性別を指定することや、
性別を理由にして採用を見送ること法律で禁止されています。

 

女性の社会進出は以前より進んでいますが、
まだまだ男性主導の社会構造である感があります。

 

そこで登場したのが「ポジティブ・アクション」という取り組みです。

企業が営業職や管理職に就く男女の差を解消しようとする努力を、
厚生労働省が支援するというものです。

 

ポジティブ・アクションは単に女性を優遇するという考え方ではなく、
慣習・固定観念が邪魔して女性が男性に比べ能力を十分に発揮できない、
という状況を改善しようという考え方で行われます。

 

多くの企業にとってポジティブ・アクションは足かせなどではなく、
むしろ積極的な影響をおよぼすものであるために、
現在では多くの企業が実行しています。

 

ポジティブ・アクションの積極的な効果の一例として、
女性の視点が業務に取り入れられたことで
視野が広がり取引を拡大することができたとか、
勤続率が上がったという効果があります。

 

また女性より積極的に業務に取り組む動機付けになり、
社内が活性化されたという例も数多くあります。

 

女性の転職希望者の中には、
女性差別的な慣習・固定観念が邪魔してキャリアアップの機会を棒に振ったとか
強いストレスを感じてきた、という方も多くおられます。
転職の際にこうした取り組みの有無を確認すると
女性であればスムーズで満足のいく転職を、
男性も活気ある職場への転職を期待できるかもしれません。

 

◎人気サイト◎

フィットハイブリッドMRワゴン


コンテンツ一覧